【1】Let’s Get Funky!! 武商サウンドが吹奏楽を変える?!

LINEで送る

OZAWA-ICHIOSHI_topbur2

 

「Let’s Get Funky!! 武商サウンドが吹奏楽を変える?!」

Still1119_00007日本中の名だたる強豪校が集結する全日本吹奏楽コンクールで、その“バンド”は異彩を放っていました。

2014年は自由曲《ウィンド・アンサンブルのためのコンチェルト》(ブライアント)、2015年には《オール・デウーヴル》(黛敏郎)で最高峰のステージに臨んだ福井県立武生商業高校は、難易度の高い楽曲を独特な“ノリ”で見事に演奏し、客席から喝采を浴びたのです。

 

その演奏を聴いたときにオザワ部長は一発で武生商業高校(通称・武商)のファンになりました。
と同時に、「この独特な“ノリ”はどうやって作られているんだろう?」

と好奇心をそそられました。

 

武商の顧問である植田薫先生は、前任の武生東高校を8回も全日本吹奏楽コンクールに導いていること、また、ファンクミュージシャンとしても活動されていることは事前情報で知っていました。

何やら楽しそうだと思い、勢いで定期演奏会を取材させていただいたところ、これまた驚愕。

確かに、コンクール曲などを披露する第1部は「演奏会」なのですが、第2部以降はまさしく「ライブ」!

DSC00489_2歌いまくる植田先生、踊る部員たち、客席では福井の老若男女がステップを踏む…。
それは最高にハッピーなひとときだったのです。

 

DSC00435_0 DSC00635_0

そして、武商サウンドの秘密は、全日本吹奏楽コンクールで感じた“ノリ=グルーヴ”にあるらしいということもわかりました。

「グルーヴ」とは、ブラックミュージックを中心によく使われる言葉。ファンクに通じている植田先生ならではの味付けと言えるでしょう。
しかし、単に「ノリノリで演奏している」だけでなく、アインザッツやピッチなど、武商は基礎的な技術もしっかりしていました。

DSC04944_5県立の商業高校で、音楽室は広くなく、楽器も満足に揃っておらず、部員は70名未満。

決して恵まれているとは言えない環境でも、武商は全国レベルの演奏クオリティを持ち、なおかつ、自分たちも聴衆もハッピーにするパフォーマンスができているーーこれは驚異でした。

 

今回、ジャパンライムからリリースされた2枚組DVDLet’s Get Funky!!~武生商業高校・植田薫先生の日本一ファンキーな吹奏楽指導~では、そんな武商サウンドの秘密が解き明かされています。

 

 

「私はファンクとかブラックミュージックとかよくわからないし…」と思った方はちょっと待った!

植田先生はファンクを音楽的なベースにしていますが、このDVDに収録されている指導メソッドは、ファンクを知らなければできないものではないですし、さらに言えば、感覚的で曖昧な“ノリ”論でもありません。

Still1222_00007 部員のリーダーである「トレーナー」を中心とした基礎練習。

Still1222_00011

限られた時間を有効に活用して行われるクラシック曲の合奏。

Still1222_00022

そして、植田先生の真骨頂であるポップス曲の合奏。

 takesho

文字どおり「DVDを観た翌日から実践できるメソッド」ばかりで、随所に語られる植田先生流の「知恵」には目からウロコ!

 

特に、ポップス指導では、往々にして「ダサい」「ノリがイマイチ」と言われがちな吹奏楽のポップスを「楽しくて、カッコいい」に変える具体的なアドバイスが満載。

映像に登場する先生や部員たちと一緒に体を動かしてみるだけでも、「こんなに吹奏楽を全身で楽しめるんだ!」と実感できるはず(付け加えると、とてもいい運動にもなるので、スクールバンドだけでなく、大人の楽団にもオススメです)。

 

なぜ植田先生は生徒を叱らないのか?

ポイントはお尻!?

「羊羹うまい奏法」とは?

…その答えはぜひDVDで確認してみてください!!

Img0664-new

 


 

ozawa_ichioshi01

Still1222_00008
①吹奏楽をイキイキさせる
“グルーヴ”術

ぎこちなく、中途半端なポップス演奏からは卒業したいですよね。

たとえファンクを知らなくても、誰もが笑顔でノレるグルーヴの方法を植田先生が伝授。

これを身につければ、先生も、生徒も、観客もハッピーに!!

 


 Still1222_00019

②必要十分な基礎練習法

基礎練習をやりすぎて生徒が飽きてしまったり、合奏の時間がなくなってしまったりしていませんか?

武商で実践しているのは、体操・ブレストレーニング・チューニング・音取り・コラール練習など、本当に必要な練習のみ。

基礎を固めつつ、時間も有効に使えます。

 


 Still1102_00005

③公立校でも全国レベルになれる!

私立に比べて条件的に不利だと言われている公立校。

けれど、植田先生のメソッドを実践するには、立派な設備や道具は不要です(あるに越したことはないですが…)。

古びた学校の楽器を使っても全国レベルのサウンドを生み出せる秘密がここに!

 


 

映像では、部員たちの“グルーヴィー”な演奏や可愛らしい福井弁も聞けます。
武商の音楽室には、笑顔と元気な声、そして“ハッピー”があふれています。

楽しいからハッピーになる。

ハッピーだから夢中で練習する。

夢中で練習するからコンクールも演奏会も成功する。

成功するから楽しいーー。

 

植田先生のメソッドをきっかけに、日本中の吹奏楽部でそんな好循環が生まれることをオザワ部長は願っています!

DSC00913_2

 「Let’s Get Funky!!」。大好きな植田先生&武生商業高校吹奏楽部の皆さんと♪

 

 

■オザワ部長(吹奏楽作家)PROFILE
神奈川県横須賀市出身。早稲田大学第一文学部卒。吹奏楽の楽しさを伝えるために書籍、雑誌、ウェブサイト、ラジオ、SNSなどのメディアで日夜活動中。著書に『みんなのあるある吹奏楽部』、『翔べ!私たちのコンクール』、『あるある吹ペディア』、『吹部ノート』など。最新刊はカリスマ指導者・藤重佳久先生との共著『きばれ! 長崎ブラバンガールズ』。

 

 

ozawa-pickup

【2】イチカシは一日にして成らず!!緻密な演奏の舞台裏に迫る!

【3】洗練された明るい高輪台サウンドを作り出す㊙練習法とは?

【4】小平三中の新たな伝統を形作った『澤矢メソッド』と『心の絆』

 


 

武生商業高校 吹奏楽部に興味を持ったあなたに…

植田薫先生のファンキーな指導法がDVDに!!

M61senden01

shosai_btn

 

全国大会に挑む同部に密着!!

takesho-movie

movie_btn

 

 

トップページへ戻る