【M80】伊奈学園吹奏楽部・宇畑先生にみる基礎練習&基礎合奏法


伊奈学の練習は、ミーティングにはじまり、ミーティングに終わる!?
各自が明確な未来のビジョンを持つことで、日々の反省が明日の自分をつくり、なりたい自分につながる!

伊奈学園高校吹奏楽部では合奏に入る前の練習にこそ、宇畑先生のこだわりがあります。
《ミーティング》《フェイストレーニング》《楽器ごとの身体コンディショニング》《ブレストレーニング》《表現活動》《合奏のためのスキルアップ》など、最終的には楽曲練習につなげるために、基本的な練習を一つずつ積み上げていきながら、基礎合奏(サウンドトレーニング)に多くの時間を費やしています。

伊奈学園のサウンドは「各自が目標とする音色はバラバラでも構わない」という考えで作られています。
人それぞれの個性が違うように、各音を活かすのが指導者の役目でもあるからです。
それぞれが磨いてきた音色をどのように混ぜるのかが練習のポイントになります。

練習では音程、音量を統一することを重視しています。みんなの音色が50%均等にブレンドされることによって、伊奈学サウンドが作られています。バンド全体が一つの楽器のように、各音色を活かした上でのまとまりが最大の魅力になっています!


  
DVDの詳細・ご注文はこちら