【吹奏楽】生徒の心に火をつける吹奏楽指導

LINEで送る

M75_1

今回は
浜松開成中・加藤先生にみる生徒の心に火をつける吹奏楽指導
をご紹介!

加藤先生率いる浜松開成中吹奏楽部は浜松を代表する吹奏楽部です。
加藤先生が考える「生徒がいかに飽きずに練習に取り組む」ための指導とは
いったいどんなことなのか浜松開成中の強さを支える秘訣に迫りました。

M75-3

指導者は生徒の『主体性』や『自助能力』を信じてじっと我慢

どんな切り口で練習を組み立てていけば顧問不在時でも
内容の濃い練習に取り組むことができるのか
その練習がどのようにして演奏につながっていくのか
加藤先生が悩んで考えた結果、生徒主体の練習が確立されました。

生徒たちで行う基礎合奏

M75-3

浜松開成中では基本的には生徒中心で基礎合奏を行っています。
そこには繰り返しで飽きがこないようにちょっとした工夫が色々と考えられています。
例えば、バランス練習の時に席替えをして同じ楽器同士が隣にならないようにすることで
耳を使って合わせる練習をしています。

DVDの詳細・ご注文はこちら